女性専用のキャッシングの仕方

キャッシングでの借金というと、以前は男性がお金に窮した時にサラ金と呼ばれるサラリーマン金融からお金を借りることが多かったのですが、

 

女性の社会進出が進んだ結果、女性の利用客が増えて来ました。

 

とは言っても、女性が消費者金融からお金を借りるのはまだ抵抗があると思います。

 

そんな女性の気持ちに配慮して、銀行をはじめとした消費者金融では、女性専用キャッシングサービスを提供し始めました。

 

女性が対応する借入窓口で安心感を

女性でも借金を申し込みやすいような仕方として、受付の社員や電話での相談窓口に女性を起用し、女性が借りやすい環境を整えました。

 

今では、収入の無い専業主婦でもキャッシングする方法があります。同居する配偶者の所得証明など、条件がそろえば審査に通る事が出来る為です。

 

専業主婦がキャッシングサービスを受ける場合、大抵はご主人に知られたくない場合が多いですが、女性専用キャッシングサービスではそういった点にも配慮が行き届いています。

 

電話する際や書類を郵送する際は社名を伏せてくれるところもあります。

 

女性にとっては、嬉しいサービスですね。

 

女の人が借金をすることって多いの?

女性がお金を借りる、つまり借金をするということに抵抗があると思う方もいるかもしれません。でも、男の人と比べて女の人のほうがお金を借りないということはなく、今はどちらの性別でも借り入れをする時代になっています。江戸時代などの昔でも、借金=無心といって、誰かにお金を借りてその場のピンチを凌いできた歴史があります。

 

以前は質屋に着物などのお金を担保にして、生活費などを借りる女性(女房)が多かったという文献もあります。

主婦におすすめの借金方法

毎月きちんとやり繰りしていても、十分な蓄えが無ければ不測の事態に対応することが出来ません。冠婚葬祭、事故や医療費による急な出費は困りますよね。

そんな時に、キャッシングという方法は強い味方になってくれます。

 

キャッシングすなわち借金することを家族に知られたくないという主婦の方は多いです。
できるなら家族と相談した上で利用するのが望ましい形ではありますが、「主人が一生懸命働いてくれているのに家計が苦しいなんて言えない」
「欲しいものがあるけれど贅沢だと言われそうで言えない」など、キャッシングを利用する目的によっては話したくない場合もあるでしょう。

 

今では、女性専門のキャッシングという方法があります。「主婦キャッシング」で掲載しているのは、「大手優良キャッシング」のみですので、安心してご利用下さい。

 

総量規制に注意して下さい

キャッシングサービスを提供している会社は、大きく分けると銀行系と消費者金融系になります。専業主婦の場合は、消費者金融系の業者からキャッシングするのは難しいです。
なぜなら、消費者金融系は総量規制対象だからです。総量規制というのは、年収の三分の一までしかお金を貸してはいけないという法律です。
総量規制対象外

 

  • 総量規制
  • 旦那の借金・収入
  • パートやアルバイトの過去の収入

 

それに比べて銀行系の業者ならば、専業主婦でもご主人に一定の収入があれば返済能力があるとされて利用可能となります。
また、消費者金融系の業者に比べて金利が低いのも嬉しいですねね。

 

安定した収入のあるパートや正社員で働いている主婦の方なら、ご主人の収入に関係無くキャッシングという方法がアリます。
キャッシングは、主婦の借り入れ可能なところも多く、柔軟に対応してくれますのでまずは相談してみましょう。

 

『総量規制』。借金の仕方、方法を考えたことがある人でもあまり耳にしたことがない言葉かもしれません。総量規制法について

 

 

要は、貸金業者からの借金のしすぎを防止するための法令です。年収の3分の1以上はどこからも借り入れることができなくなるというものです。

また、1つのキャッシング会社から50万円以上の融資を受ける時や、キャッシング会社の借入額が100万円超過している時は新たにキャッシングを申し込む際に収入証明書が必要となります。
しかし、この総量規制というのにも例外があります。

 

1つ目は、事業資金としての借り入れです。総量規制は個人に対する法令であり、事業者に対する法令ではないので事業資金として借りる場合は対象外になります。

 

2つ目は、銀行や信用金庫からの借り入れです。銀行や信用金庫は貸金業者ではありません。ですから、総量規制の対象外となるのです。意外ですよね。

 

3つ目は、家や車を購入するための融資です。

 

最後の1つは、急に病気となって入院してしまった時に発生するお金などを借り入れる場合です。どうしても借りなければやっていけない場合のみ、年収の3分の1以上の額の融資を借り入れることが可能となります。

 

もともと総量規制というのは、多額の借金を背負ったが故に自殺に追い込まれてしまう人が急増したために作られた法令です。キャッシングを繰り返していると、手元にあるお金は借りたものではなく自分のお金という感覚に陥ってしまいがちです。
きちんと総量規制があるから借りられない、と思うのではなく、これが自分の身の丈に合った借り入れ額なんだ、と理解するようにしましょう。

 

闇金で借金しすぎた主婦のドキュメント動画

 

年収の3分の1以上の借金の仕方

法律で決まっている総量規制を超えて、つまり、年収の3分の1以上の借金の仕方として、本当は良くないのですが、友達や家族にお願いするという方法があります。ただし、知り合いからお金が借りれるのであれば、そもそも他のサービスを頼ることもないという可能性もありますよね。これは人それぞれですけれど、例えば、学費などで仕方なくという場合などで借りる人もいます。

 

どんな借金の仕方にせよ、やはり、借りたら返すという意気込みだけは忘れたくないものです。

 

借金 方法